災害・安全対策

冬の防災対策で灯油を準備 去年の灯油は使える?

f:id:syufu-switch:20181107213944p:plain

寒くなってきましたね。

我が家の暖房はエアコンがメインなのですが、防災対策として灯油ストーブも用意しています。

「あれ?備蓄の灯油っていつまで使えるの?」と疑問に思ったことはありませんか?

業者さんに質問したときの回答を共有したいと思います。
(こういうことはネットではなく、プロに聞くのが一番です)

 

灯油に消費期限はあるのか?

灯油には、明確な使用期限はないのだそうです。

販売業者3社に電話をしたのですが、いずれも保管状態が良ければ、昨年の灯油も使える」と教えていただきました。

この「保管状態がよければ」というのは、直射日光にあたっていないことが大前提とのことです。

 

販売業者さんに教えてもらった「劣化した灯油のチェック方法

使用期限はないけれど劣化はする。

その劣化の見分け方法を教えてもらいました。

 

①すっぱいにおいがする

灯油は独特のにおいがありますが、それとは明らかに違う酸っぱい臭いがするようです。

 

②色が黄色っぽくなる

灯油は無色透明ですが、劣化するとみりんのように色がついてくるそうです。

変色は濃いとか薄いではなく、変色した時点で変質しているので使わないようにとのことでした。

 

③水が混ざっている

ポリタンクに入っているのに水が混ざるわけがないと思いがちですが、ポリタンクに残っている灯油の量が少ないと、タンクの中に汗をかいて、水が混入するのだそうです。

ですので、満タンで保管しているほうが劣化は少ないとのことでした。

 

劣化したものを使用すると、ストーブが壊れたり、事故の原因になるので気を付けてくださいね。

明らかに劣化している場合、ガソリンスタンドで処分してもらえます。

ただし、料金はまちまちで、有料・無料など対応が違いますので確認してからがいいですよ^^

私が問い合わせたときの記事はここちら⇒ガソリンスタンドに古い灯油は処分してもらえるのか聞いてみた

 

灯油の保管方法・気をつけたい点

f:id:syufu-switch:20181107213947p:plain

 

では今後、安全に保管するための保存方法です。

  • 直射日光にあてない
  • 蓋をしっかりしめる
  • 燃料専用のポリタンクで保存(紫外線を通しにくい)
  • なるべくワンシーズンで使い切る。中途半端に残すとタンク内に水滴が発生する原因となる
  • ストーブ内に残った灯油を持ち越さない

劣化した灯油を使用すると、異常燃焼を起こしたり、ストーブの故障の原因になります。

 

 

-災害・安全対策

Copyright© 家事と家族とエトセトラ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.