中学受験

中受パパママ応援ブログ④「あと○日」を子どもに意識させてみる

ホワイトボード

さて、東京・神奈川は受験の本番が2月1日スタートですので、もう100日を切りましたね。

とはいっても、案外それを気にしているのは親だけで、子どもはイマイチピンと来ていないという方も多いのでは?

小学生にとっては「100」なんて大きな数字の代表格みたいなもんですからね^^i

そこでおすすめしたいのが「カウントダウンカレンダー」です。

スタディプランナーのシリーズでもシャレオツなカウントダウンカレンダーも出ていますが、

 

我が家は「それ、点数版でしょ?」みたいなのを壁に貼っていました。

設置場所は家族全員の目に付く「テレビの上」です!

 

我が家のカウントダウンカレンダー

ホワイトボード

 

数字めくりはネットで購入。

 

ニトリのホワイトボード+100円ショップのフックでお手軽に作りました。

カウントダウン裏

裏に両面テープがあるので、ポスターを作ってもいいですね。

↓ホームページの画像をお借りしています

カウントダウンボード

 

なんだか愛を感じますね^^

うちのは点数板だけど(-ω-)

カレンダーに✖や斜線を付けるのも考えたのですが、残りの日数がわかりにくいんですよね。

試験までの日数は、残り日数を計算してくれるサイトがあるのですぐにわかりますよ!⇒ あの日まで、あと何日?

 

カウントダウンの効果

一番衝撃を受ける日は100⇒99日になるときですね。

もう過ぎてしまいましたが^^i

3桁が2桁になっときの衝撃ったら!!

あとは残り30日を切ったとき。

「うはー!あと一ヶ月ぅぅ」Σ(ʘωʘノ)ノ

ってなります。

10日に一度、10の位が減ったときも地味に衝撃を受けます。

……親が(T^T)

我が家はこれを子どもにやってもらいました。

ポイントは「子どもが忘れたときに親がめくらないこと」です。

子どもはイマイチ乗り気じゃないですから、ちょくちょくめくるのを忘れます。(想定内)

気づけば3日くらい経っていて、まとめて3枚もめくると「もう3日も過ぎたのかよ!」ってなります。

先日息子に聞いてみたら、「効果はあったと思うよ、残り○日ってはっきりわかるから。意識し始めたのは100日切ったあたりからかなー」とのことでした。

いつもひょうひょうとしていましたが、実は意識していたみたいです。

 

まとめ

2021組パパママさんのツイッターを見ていた限りでは、試験まで3ヶ月くらいでは子どもたちにまだ焦りの色は見られませんでした^^i

皆さん「いつになったら気合が入るんだ!?」と、直前まで気をもんでいましたね。

みんな同じ感じですので、「そんなもんなんだな」と思っていていいと思います。

カウントダウンカレンダーがあれば、親の「ほら、あと○日しかないんだよ!」という余計な小言が減る……はず!?

お試しください!

 

商品名 数字めくりカード「めくるん」

2桁セット、3桁セット、色の種類もいくつかあって、Amazonか公式サイトがおすすめです。

価格は公式ページが一番お安いですが、Amazonだとお買い物が楽です。

公式⇒数字めくりカード 『めくるん』

 

 

 

 

-中学受験

Copyright© 家事と家族とエトセトラ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.